C言語関係掲示板

過去ログ

No.5. お釣りの計算


私は今専門学生の1年生です。それで宿題いが出ていまして
教えていただければお願いします
<宿題の内容>
金額(999円以下)を入力し500円玉、100円玉、50円玉、10円玉、5円玉、1円玉、の数を計算するプログラム
おねがします
エディターのやつでお願いします


もう少し自分で考えてみましょう。

初めまして、ともじです。
1年生ということは、C言語を勉強し始めたばかりですね。難しいですか?
でも、もう少し自分で考えてみましょう。ソースレベルでしたら、意見が言えると思います。

#私がソースを書くと、ポインタとか使っちゃいますよ。(^。^)


宿題は自分でやりましょう。

これじゃ〜代わりに宿題やってくださいっていってるのと
同じです。自分でやってみてわからないこと聞くのならいいけど。


はじめまして、keiと申します。

まず処理的にはもう本当に適当にやるとして、たとえば

金額を入力するループがいると思います。
whileでscanfかなにかで直接数字を取ってきましょう。

2,その金額を500で割る 
maisuu = 金額 / 500が500円の数です。
nokori = 金額 % 500であまりが出ます。
3,さらにつづける。
maisuu = nokori / 100 これが100円の数
nokori = nokori % 100 これがあまり

こんな感じでやっていけばいいんじゃないでしょうか?


宿題といえば

この宿題を解くのには、一般的にループと配列を使うと思いますが、4月からC言語
の学習を始めた学生さんとなると、まだループは習っていないかも知れませんね。
そうなると、単純に、
  500円の枚数=金額/500;
  余り=金額%500;
  100円の枚数=余り/100;
  余り=金額%100;
   ・・・
とするのかもしれませんね。

以前、専門学校で最終的に自由課題の作成をさせたのですが、一人、どう見ても
私の教えたソースの書き方ではないプログラムを提出した学生がいました。
自分で解いたかどうかは、見ればすぐにわかります。外注するときには、気を付けて
下さいね。

戻る


「初心者のためのポイント学習C言語」 Last modified:2001.7.25
Copyright(c) 2000-2002 TOMOJI All Rights Reserved