C言語関係掲示板

過去ログ

No.42.「i++」と「++i」


値の増減の際に「i++」や「++i」と書いてありますが、書籍等に掲載され
てある例題文(while文での使用・配列の添字での使用)では、意味がわかる
のですが、for文での使用が殆どなく、実際に実験すると答えは同じとなったりで、意味がちょっとわかりにくく困っています。どうかよろしく
お願いします。

if( m < n ){
  for(i = m ; i <= n ; ++i)
s = s + i;
  printf("答えは %d です\n",s);
}


>値の増減の際に「i++」や「++i」と書いてありますが、書籍等に掲載され
>てある例題文(while文での使用・配列の添字での使用)では、意味がわかる
>のですが、for文での使用が殆どなく、実際に実験すると答えは同じとなったりで、意味がちょっとわかりにくく困っています。

ご質問の内容は「"i++"と"++i"の違いは?」とみてよろしいでしょうか?
それでしたら、ヒントを一つ

int num1 = 0;
int num2 = 0;

printf("num1++ = %d\n", num1++);
printf("num1 = %d\n", num1);

putchar('\n');

printf("++num2 = %d\n", ++num2);
printf("num2 = %d\n", num2);

というような実験をして値の移り変わりを確認してみてください。
そしていつインクリメント(増加)が行われているのかを考えると
答えがわかると思います。

#もし質問の内容が違っていればごめんなさい。

戻る


「初心者のためのポイント学習C言語」 Last modified:2001.10.5
Copyright(c) 2000-2002 TOMOJI All Rights Reserved