ショッピングモール  Personal Health / Stress ( Alexander Technique )


掲示板利用宣言

 次のフォームをすべてチェックしてからご利用ください。

 私は

 題名と投稿者名は具体的に書きます。
 課題の丸投げはしません。
 ソースの添付は「HTML変換ツール」で字下げします。
 返信の引用は最小限にします。
 環境(OSとコンパイラ)や症状は具体的に詳しく書きます。
 返信の付いた投稿は削除しません。
 マルチポスト(多重投稿)はしません。

掲示板1

管理者用メニュー    ツリーに戻る    携帯用URL    ホームページ    記事検索    ログ    タグ一覧

No.4893

このプログラムの回答を教えてください。
投稿者---TDU(2005/11/23 01:14:36)


後置表現の数式の値を求める
後置表現の数式の定義
数式はデータである整数。演算記号、分離記号(’、’)からなり、以下の定義に従うものとする。
(1)基本3桁以内の10進法である。ただし、#は負数とする。
(2)帰納:α、βを数式とするとき、α’、’β’、’’+’、α’、’β’、’’-’、α’、β’、’’*’、α’、’β、’’/’はそれぞれ数式である。
(3)限定:数式は基本に始まり、帰納を有限回適応して得られるものに限る。と定義する。乗算結果は少数以下を切り捨てて、必ず整数となるものとする。数式の中には空白が無く、数式を計算機に入力するときには、数式を打ち込んでから終了記号として改行を打つものとする。
計算データとプログラムの仕様
この課題をうまく解くには、スタックを使用することが鍵である。スタックの実装には、与えられる数式の長さが固定していなくても対応できる動的リンク構造を用いること。プログラムが任意個の数式入力に対してその値を印字する。最後に”END”と入力したときに停止する。レポートには次の例のデータのほかに5個以上の数式(各自が任意に作成する)を入力してその結果を報告する。
Example 1
入力数式
25.#18、+、8、*、6,7,10、+、*、-、8、/
に対する答えは
#5
となる。


この投稿にコメントする

削除パスワード

発言に関する情報 題名 投稿番号 投稿者名 投稿日時
<子記事> Re:このプログラムの回答を教えてください。 4894 wiz 2005/11/23 02:16:58


No.4894

Re:このプログラムの回答を教えてください。
投稿者---wiz(2005/11/23 02:16:58)


はじめまして。

利用宣言を読みましょう。
>課題の丸投げはしません。

スタックなど与えられたヒントで調べてみましたか?
動的リンク構造はリンクドリストとかリスト構造とかいわれます。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-masuda/cl/CAlgo/index.html
式の解析などは電卓のスレッドがあるのでそちらを参考にすれば。。。



この投稿にコメントする

削除パスワード

No.4895

Re:このプログラムの回答を教えてください。
投稿者---wiz(2005/11/23 02:20:23)


追記
リスト構造はこのサイトでも自己参照構造体として紹介されています。
http://www9.plala.or.jp/sgwr-t/c/sec15-5.html


この投稿にコメントする

削除パスワード

No.4896

Re:このプログラムの回答を教えてください。
投稿者---TDU(2005/11/23 09:17:24)


すいません。何をやっていいのか全くわからなかったので、それを伝えるのが難しく全部書いてしまいました。ありがとうございます。ヒントをもとにもう一度やってみます。やっていてわからないことが出てきたらまたお願いします。


この投稿にコメントする

削除パスワード

管理者用メニュー    ツリーに戻る    携帯用URL    ホームページ    記事検索    ログ    タグ一覧




掲示板提供:Real Integrity