掲示板利用宣言

 次のフォームをすべてチェックしてからご利用ください。

 私は

 題名と投稿者名は具体的に書きます。
 課題の丸投げはしません。
 ソースの添付は「HTML変換ツール」で字下げします。
 返信の引用は最小限にします。
 環境(OSとコンパイラ)や症状は具体的に詳しく書きます。
 返信の付いた投稿は削除しません。
 マルチポスト(多重投稿)はしません。

掲示板2

管理者用メニュー    ツリーに戻る    携帯用URL    ホームページ    ログ    タグ一覧

No.24135

fork()後のfclose()の影響
投稿者---zero(2005/11/14 17:13:16)


環境はLinuxでgccでコンパイルしています。

質問は、fork()する前に、ファイルをオープンし、その後fork()すると、ファイル記述子は、子にもコピーされ、親と子で同じファイルを指すようになります。
この時、子がそのファイルをクローズしても、親もそのファイルをクローズしない限り、ファイルはクローズされた事にはならないのでしょうか?


この投稿にコメントする

削除パスワード

発言に関する情報 題名 投稿番号 投稿者名 投稿日時
<子記事> Re:fork()後のfclose()の影響 24140 zero 2005/11/14 17:40:43


No.24140

Re:fork()後のfclose()の影響
投稿者---zero(2005/11/14 17:40:43)


自己レスになってすいません。

上記の事を確かめる簡単なテストをしてみました。

まずファイルをオープンする。続いてfork()する。子はそのファイルをクローズしてsleep()、親はsleep()でちょっと待ってから(子がファイルを確実にクローズするのを待つため)、ファイルに書き込めるか確かめる。

上記のテストを行ってみたところ問題なくファイルに書き込むことができました。

ということは、もし子でそのファイルが必要ないのならfork()した直後にファイルをクローズしてもOKという事でよいのでしょうか?


この投稿にコメントする

削除パスワード

管理者用メニュー    ツリーに戻る    携帯用URL    ホームページ    ログ    タグ一覧